FC2ブログ


9月中旬に、オーベルニュ地方からコルシカ島に移住しました!
「フランスのへそ」から「フランスの美ら島」へ。

bateau         corse montagne        

フランステレコム系サーバーのミスで1カ月以上もネット接続がなく、
やっと昨日、オンライン復活したところでございます。
しかし電話はまだ不通。
やっぱフランスって後進国だよ。

riviere


というわけで、これからは海あり、山あり、川ありのコルシカから、
美味しいものや美しいものをお届けしたいと思います。 

のんびりとお待ちくださいませ~。

スポンサーサイト

コルシカでの新しい住まいは、東岸バスティアとポルト・ヴェッキオのちょうど中間ぐらいです。
海までも山までも約3km。


タヒチやニューカレ、グアドループやレユニオンなどはフランスの海外領・海外県ですが、
コルシカ島は普通にフランスの一部。
オーベルニュ地方とコルシカ地方は同格ってわけ。

だから、意外に生活自体はフランスの地方と変わりません。
「離島」に住んでいるという印象はそれほどないけど、
フランスのことを「本土」と呼んだりするので、沖縄本島っぽい感じなのかな?

コルシカ地方は北半分と南半分の2つの県に分かれていて、
オート・コルス県(北コルシカ)の県庁所在地がバスティア。
コルス・デュ・シュド県(南コルシカ)の県庁所在地がアジャクシオです。




先日は少し足を延ばして、山の方へドライブに行ってきました。
山を越えて西岸のアジャクシオへと続く道。

対向車が来ないことを祈りつつ、くねくねと細い道を走ります。
私は助手席で景色を楽しめますが、
運転してる人はそんな余裕もなく、ひたすらハンドルを右へ左へ…。
30分も走ると運転が嫌になるらしい(笑。

vache ghizoni 1 

山の方に行くと、牛が放し飼いになっていて、
道路を悠々と歩いていたりします。

vache ghizoni 2

コルシカ人は短気で気性が荒いところもあるけれど、
(面と向かってコルシカの悪口は言うべからず)
気候の温暖な島に住んでいる人々がみんなそうであるように、基本的にのんびりしています。

牛たちものんびり~。




ほんわかできた人は、応援クリックしてね♪

人気ブログランキングへ

PAGETOP