上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間ほど、オーベルニュに帰省しておりましたが
火曜日にコルシカ島に帰ってきました。


フェリー内では個室のベッドでゆっくり眠れるとはいえ、
海上 約14時間、陸上 約8時間、
なんだかんだと片道約24時間の移動はきつい。

しかも、行きの船は海が荒れて大揺れでした。
ベッドから引きずり出されるかと思った。
夜中に椅子とか倒れるし(汗。


愛猫プーマは、かわいそうにフェリー内の駐車場で車中泊。
しかもケースに閉じ込められて、空腹&ひとりぼっち。
怖がりなのに、良く頑張った。

↓これは帰りの船。

ferry paglia orba
(クリックで拡大)


移動途中、高速のパーキングでプーマを散歩に出したら、
砂場でごろりんした拍子にリードが首輪ごと外れてしまい、
あわわわわと焦りまくりました。

となりはすぐ高速道路という小さなパーキングで、
飛び出して事故になったりしなくてほんとに良かった。

まぁ、プーマも外に出た時点でびゅんびゅん通り過ぎる車の音にビビっていて、
リードが外れたことにすら気づいていなかったのか、
むしろ血相変えたわたしが飛びかかってきたことの方が怖かったのか、
完全に固まっていたので、多少の引っかき傷のみで捕獲できました。


が、わたしはといえば、その後車中で、

「プーマが飛び出して車線の真ん中で固まっちゃったらどうやって助けよう、車が猫をよけようとして右往左往して玉突き事故になったりしたらどうやって責任を取ればいいのやら、大事故を起こしてプーマを失ったらもう悲しみに暮れて生きていけないよどうしようどうしよう」

などと悲劇のシミュレーションを繰り返し思い描き、
そのたびにホント良かった、と胸をなでおろしていたのでした。


あ、悲劇シミュレーションはわたしのちょっとした特技です。
料理をしていても、ふと、
「この包丁がつるりと滑って落ちて、足の甲にぐさりと刺さったらキャー」
みたいなことを考えたりしてしまうのです。


とにかく無事で良かったにゃー。

puma et neige
(クリックで拡大)




人気blogランキングに参加しています。
無事でよかったね、ということで応援クリックよろしくお願いしまーす。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。